換金率だけで業者を選ぶのはNG

クレジットカードの現金化を行なっている人は少なくありませんが、その際に気になるのが換金率ではないでしょうか。
基本的に換金率が高ければ高いほど得られる現金が多くなるのですから、できるだけ換金率の高い業者を利用するのがお得だと考えるのはもっともでしょう。

換金率を鵜呑みにしない

換金率は業者によって異なっていますが、だいたい80パーセントから中には98パーセントといった高還元率を謳っているところも少なくありません
それなら98パーセントの業者を利用するほうが絶対にお得だと考えがちですが、実はそうでもないのです。
というのも、最終的に手に入る現金はこの額面通りではないからです。
たとえば98パーセントの還元率の業者で100万円の利用をしたなら98万円の振り込みがあると考えている人も多いかと思います。
しかし実はそこから消費税や振込手数料、配送料などが差し引かれて最終的に10パーセントほど少ない金額が振り込まれることがほとんどなのです。

条件によって最終振り込み金額は変わる

これは何も悪質な業者だからということではなく、カード現金化業者ならどこでも同じです。
ただ手数料と称する金額の基準はそれぞれの業者で異なるので、低めに設定しているところもあれば割高な設定にしているところもあります。
また利用する金額によっても換金率は変動する点にも注意が必要です。
基本的にたくさん利用したり振り込みまでの時間が長いほうが換金率が高いというのが一般的と認識しておきましょう。
10万円よりも100万円のほうが、即日振り込みよりも1週間後のほうが換金率は良いのです。

申し込み前に金額をチェック

こういった点は業者のホームページを見ても詳しい説明がなされていることはほとんどありません。
したがって利用する前に直接業者に確認することをおすすめします。
その際に最終振り込み金額を明確にしなかったり手数料の内訳を明かさない業者は悪質だと考えられますから、利用は避けたほうが無難でしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »