換金率のからくり

クレジットカードの現金化をする人はたくさんいて、今や急なキャッシュの入用や消費者金融などで借りたくない人などにとっては強い味方となっています。
インターネット上にもたくさんの現金化業者が存在しているので、自分のニーズに合わせて利用しやすいのも人気の理由でしょう。

換金率は業者によってさまざま

ところで、クレジットカードの現金化に当たっては多くの人が換金率を気にしているかと思います。
換金率は業者によってさまざまですから、どの業者を利用するかを換金率の高さで判断している人も少なくないはずです。
基本的に換金率の高いほうが利用する人はたくさんの現金を受け取ることができるのですから、換金率を判断基準にするのは当たり前かもしれません。
また利用する金額によっても換金率は変わり、通常利用額が少なければ換金率は低く、多ければ高くなります。
さらに振り込みまでに要する時間や日数などで異なる換金率のプランを提供している業者もあります。

利用する前に確認しよう

しかし、ホームページなどで記載されている換金率で計算した金額と最終的に手に入る現金とは異なり少なくなるケースがほとんどです。
たとえば、換金率90パーセントを謳っている業者で100万円を現金化しても90万円の現金が口座に振り込まれるのではないということです。
これは何も悪質な業者だからというわけではなく、消費税や決済手数料、配送料などの手数料が引かれるからです。
だから、このような手数料が引かれて最終的には10パーセントほど少ない金額が振り込まれることになると認識しておくことが大切です。

換金率を大々的に謳っていても手数料を公表している業者はほとんどなく、また手数料はどの業者でも同じというわけでもありません。
したがって、手数料はいくらになるのか、最終的に手に入る金額はいくらになるのかを利用する前にきちんと確認することをおすすめします。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »