換金率の高さだけで判断しない

クレジットカードの現金化は手軽に現金を手に入れる方法として多くの人が活用しており、その主流はクレジットカード現金化を行なう業者を利用することです。
インターネット上にはたくさんの業者がありますが、その選択基準として「換金率の高さ」は大きなポイントです。

換金率は業者によって異なる

なぜなら、基本的に換金率が高ければ高いほどたくさんの現金を得ることができる上に業者によって換金率は異なるからです。
たとえば100万の現金化を行なう場合、換金率が90パーセントなら90万円が振り込まれますが95パーセントなら95万円となるのです。
業者を選ぶだけで5万円の差が生じるのですから大きいですよね。
しかし、問題は単純ではありません。

換金率はいろいろな条件で変わる

というのも実際に口座に振り込まれる金額はこの換金率に応じたものではないからです。
どういうことかというと、ここから消費税や決済手数料、配送料などの業者の手数料が差し引かれるのです。
また、利用する金額や振り込みまでに要する時間によっても異なる換金率を設けているところが大半です。
利用する金額が多いほど、振り込みまでの期間が長いほど高い換金率を設定しているというわけです。
さらに、VISAやJCB、AMEXなど利用するクレジットカードの種類によって換金率が違うこともあります。
他にも、同じVISAでもセゾンが発行しているものと楽天が発行しているもの、大手銀行が発行しているものなど、発行先によって異なることもあります。

ですから「換金率98パーセント」という謳い文句に飛びついて申し込みをしても、それだけ丸々現金が手に入るわけではないのです。
したがって、業者に現金化の申し込みをするときに最終的に振り込まれる金額はいくらであるかと確認して、その金額で業者選びをするといいかもしれませんね。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »