クレジットカード現金化の換金率は?

現金を簡単に手に入れる方法としてクレジットカードの現金化は多くの人が行なっています。
自分名義のクレジットカードを持っていれば誰でもできますし現金化を行なう業者もインターネット上にたくさん存在しているので、より多くの人が利用しやすくなったのも人気の理由でしょう。

悪質業者に注意

札束

クレジットカード現金化は自分自身でもできますがいろいろ面倒だったりカード会社の利用停止などのリスクが大きいので、現金化を取り扱う業者を利用する人のほうが増えています。
前述したようにネット上には多くの現金化業者があるのですが、中には悪質な業者もあるので注意が必要です。
そんな業者を利用すると、思ったよりも少ない金額しか振り込みされなかった、期日までに振り込みされなかったといったことが起こるだけでなく、一切入金されないといったトラブルの報告もあります。
また悪質な業者でなくても提供しているサービスの内容はさまざまなので、重要なのは自分のニーズに合っているところを選ぶという点なのです。

スピードで業者を選ぶ

お金
その際にポイントとなるのは、現金化までのスピードと還元率でしょう。
できるだけ早く現金を手にしたいというのなら、振り込みまでの時間の短い業者を利用するといいでしょう。
中には申し込みして決済できれば5分で指定口座に振り込み完了と謳っている業者もありますが、多くは当日中には振り込んでくれるはずです。
しかし数日を要する業者もあり、そんな業者なら急ぎの入用に間に合いませんから注意しましょう。

ただし業者によっては5分で振り込むといったスピーディーなプランと数日後に振り込むゆとりのあるプランといった2種類を設けているケースも見られ、多くはスピーディーなプランよりもゆとりのあるプランのほうが換金率を高めに設定しているようです。
こういった場合、少々換金率がよくなくても早く現金が欲しいならスピーディ―なプランを、さほど急いではいないけれども数日後には現金が必要というならゆとりのプランと自分の利用状況にあわせて使い分けできるのがメリットです。
【PR】人気のクレジットカード現金化業者

換金率は重要

現金

業者選びでは換金率も大きなポイントです。
業者からキャッシュバックされるのは申込金額に換金率を掛けた金額ですから、換金率が高いほうが多くの現金が受け取れます。
したがって、なるべく換金率の高い業者を選択するほうが有利です。
ネットで比較すればお解りかと思いますが、業者によって換金率は大いに異なります。
多くは70~80パーセントですが、中には90パーセント以上を謳う業者も少なくありません。
前述したように振り込みまでの期間が短いほど換金率を低めに、長いほど高めに設定しているケースが多いので、自分のニーズに合わせた業者選びをする必要があります。

また、申込金額の応じて換金率を変動してる業者もあります。
たとえば、1~20万円までなら85パーセント、21~50万円なら88パーセント、51~80万円は90パーセント、81~100万円なら92パーセントといったように金額が多くなるほど換金率が高くなるのです。
こういった点にも注意しながら業者選びをしましょう。
業者によってはリピーターには有利な換金率を提供するところもありますし、逆にはじめての利用者に特典を設けるところもあります。
申し込みの際にはそういった点もチェックすることをおすすめします。

ただしクレジットカードによって、また利用者の契約内容によってショッピング枠の金額は異なります。
クレジットカードの現金化はあくまでもショッピング枠の残りを使うものですから、その枠がいくらあるのかをきちんと確認してから現金化を行なうようにしましょう。

更新情報